送迎ドライバーの特徴

社会人として正しいマナーが身についている人が重宝されやすい

送迎ドライバーは、勤め先によりますが様々な立場の人と接する場面が多く、社会人として正しいビジネスマナーが身についている人が重宝される傾向があります。特に、役員運転手として大手企業で働きたい場合には、採用選考の際に面接だけでなく一般常識が厳しくチェックされることもあるため、早めに対策を立てるのがおすすめです。送迎ドライバーの経験がない人は、将来的に正社員として働くため、派遣会社に登録をして経験を積んだり、二種免許を取得してキャリアアップを図ったりと様々な方法を検討してみると良いでしょう。なお、実務で送迎ドライバーに求められる資質について把握をするうえで、志望企業の採用説明会に顔を出すことも大切です。

医療や福祉の現場でもドライバーへのニーズが高まっている

送迎ドライバーの求人数は地域によりますが年々増加しており、一般企業ばかりでなく医療や福祉の現場においても活発な採用が行われています。たとえば、運転が得意なだけでなく、福祉車両の運転の経験が豊富な人や、介護ヘルパーの資格を持つ人は、好条件で送迎ドライバーとして採用されやすい状況となっています。また、医療や介護の現場で送迎ドライバーとして長く働くことで、福祉タクシーの会社を自分で立ち上げたり、現場内で管理職として働けたりと様々なメリットがあります。その他、送迎ドライバーの定年は勤め先によって違いが見られますが、正社員にこだわりがなければ定年後もアルバイトやパート、派遣など様々な形で働くことも可能です。